banner

地震に強い新築一戸建てを、入間市で手に入れるなら


これから入間市で新築一戸建てを建てようとお考えであれば、耐震性能というのはやはり絶対に重視せざるを得ない要素かと思います。
というのも我が国は阪神淡路大震災以降だけでも、全国各地で大きな揺れを伴う地震が頻発していますから、日本に住んでいる限り何時巨大地震に見舞われるか分からないからです。
なお狭山市、所沢市、入間市、川越市を中心に地域密着型の家作りに日々励んでいる狭山不動産においては、床や壁に屋根が一体となったモノコック構造のツーバイフォー住宅工法を採用していますから、強烈な地震の揺れに対しても6面体の建物全体で受け止め、揺れの力を分散させる事ができます。
こういった地震の力が家の一部分に集中する事が無いというのは、倒壊や損傷を防ぐ上で大変有効であり、先の東日本大震災にもツーバイフォー住宅のうち何と95%が、住居部分に損傷が全く無かったという凄いデータが出ています。
特に関東地区は近い将来、かなり高い確率で巨大地震に見舞われると言われていますから、本当に地震に強い新築一戸建てを求めるのであれば、狭山不動産に任せてみてはいかがでしょうか。
また狭山不動産のSANシリーズは、全部詰め込んだセット価格でも1270万円というリーズナブルさなので、自由設計の家をリーズナブルに手に入れたい方にもお薦めです。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.gourmetlanguage.com/