banner

マルチな才能を持つ高城剛氏の視点で見える未来とは

シェアハウスという言葉は、少し前から知られるようになったので、詳しい説明は省きますが、要は同じ屋根の下で一定の人数の人間が老若男女の別なくして一緒に住むことあるいは、そういった生活ができる住居のことです。
こう書いてしまうと、アパートやマンションとどう違うのかと言われる人もいらっしゃるかもしれません。
決定的に違うのは、共有するスペースの量ということになります。
どんなに小さな部屋であっても、アパートであれば一般的にはトイレやお風呂は個人のものがあります。
シェアハウスの場合は、台所やトイレ、お風呂、居間といった具合に共有するスペースが非常にたくさんあるのです。
台所の中に、置いてある冷蔵庫の中身までもが共有とされる物件もあるのです。
都会であればあるほど、小さな部屋であっても高い家賃には、若い人であれば大変な負担にもなります。
この負担を軽減することができるのが、シェアハウスなのです。
家具や家電といった生活するための必需品が最低限あれば、何とかなるのもシェアハウスの魅力の一つです。
世界中を最低限の必需品を持って旅を続ける高城剛氏も、推奨している物を持たない生き方は、これからの世界基準と言えるのかもしれないです。
関東を中心に多くのシェアハウス物件を所有しているオークハウスのホームページでは、高城剛氏の紹介やコラムものせられています。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.gourmetlanguage.com/?gou=3