banner

ヤマナカゴーキンのパイオニアだからできる事があります

ヤマナカゴーキンをご存知でしょうか。
ここは、ここは金型部門のパイオニアで、50年以上もこの部門に力を入れてきました。
単に力を入れてきただけでなく、パイオニアとして様々な事に挑戦しています。
例えば、冷間鍛造は高い精度と高強度、生産性のニーズに対応していて、少々の温度の変化にもびくともしませんし、温感・熱間冷間複合鍛造は、熱を加える事によって、様々な複雑な金型を作り上げる事に成功しています。
他にも、フローフォーミング形成は、板金・熱間鍛造等を積極的に流動させて、最高のギアを作り出しています。
こうした事ができるのは、50年のノウハウに、独自の最新のCAE解析技術を駆使している点にあって、アナログの匠とデジタルを融合したからこそできるのです。
そして、これらを品質を維持する事が大切で、高精度な測定器を導入して、価値のある物を作り出し、最高のものづくりを目指しています。
今後もこの会社の魅力を見ていきたいですね。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.gourmetlanguage.com/