banner

不動産コボットは単純作業を効率化させる

不動産業を営むものにとって空室物件の電力検針は欠かせません。
何故なら、電力使用状況管理をすることによって、その物件が不正に利用されていないかを確認する事が出来るからです。
また、入居者からの依頼が最も多い修繕依頼に関しても手広く対応することによって信頼につながります。
しかし、そのどちらも作業に対するコストが高いため人員の負担を増やしてしまうことになるため多くの悩みのタネになりがちです。

不動産コボットではこのような作業を一括してロボットに任せます。
検針表のデータを電力会社に確認をして、不自然な動きが無いのかをチェックしたり、取得したデータを任意のデータ形式でフォルダ分けをしてくれます。
修繕依頼に対してもチャットボットを利用することによって24時間365日対応する事が出来るのです。

このように、人員に負担が大きくなりがちな業務をロボットに代理させることをRPAと言います。
このRPAは人間相手では不可能な24時間稼働を行わせる事が可能になるため、作業効率を大幅にアップさせる事が可能です。
また、人間のように作業ミスをする事が無いため実際のクオリティも高まるのです。
こうして発生した余剰リソースを他の業務に当てることで、不動産業界においてより良い暮らしを人々に提供する事が可能になるでしょう。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.gourmetlanguage.com/?gou=3